ONAMBA

サステナビリティ

CSR 環境

CSR 環境

1. 基本的な考え方

当社は経営理念に基づく高い企業倫理のもと、意思決定や執行における適法性、妥当性を確保することの重要性 を認識し、事業の持続的発展を図ることを基本としております。

この方針のもと経営判断を迅速かつ機動的に実行し、事業拡大と企業競争力の強化、グループ全体の企業価値の 向上をサステナビリティ方針 (*1) に基いて長期にわたって実現し、ステークホルダーの期待に応えていきたいと考えております。

今日、企業は法令を遵守するだけにとどまらず、倫理に基づく社会的な良識を持って行動する事により、企業の社会的責任を果たしていかねばなりません。当社の使命は、環境にやさしく、安全に配慮した製品、技術、サービスを開発、提供し、より良い地球環境の実現に努め、社会の発展に寄与することであり、また公正かつ誠実な企業活動を行 うことにより社会から信頼される事であります。

当社の使命は、環境にやさしく、安全に配慮した製品・技術・サービスを開発、提供し、より良い地球環境の実現に努め、社会の発展に寄与することであり、また公正かつ誠実な企業活動を行うことにより社会から信頼されることと考えています。

*1 サステナビリティ方針

当社の経営理念の実践を通じて、持続的な企業価値の向上を目指す

  1. 中長期ビジョンに基づき、事業を通じて社会的課題を解決する
  2. 真のグローバル企業を目指し、公正かつ透明性の高い経営を実現する
  3. 全てのステークホルダーとの対話を基に、強固な信頼関係を構築する

オーナンバグループCSR活動〜SDGsへの取り組み〜

オーナンバグループではCSR(企業の社会的責任)の一環として、以下に取り組んでいます。

① オーナンパグループの企業行動規範
  1. 良質・安全なものづくり
  2. 法令・規則の遵守
  3. 人権尊重、個人の人格、個性の尊重
  4. 公正な取引
  5. 政治・行政・地域社会との関わり
  6. 企業情報の適時適切な開示・管理
  7. 環境保全
  8. 反社会的勢力への対応
  9. 国際社会への対応
  10. ハラスメントの防止
② 事業活動を通じたSDGs(*2) への取り組み

当社の得意分野で培った技術力で持続可能な社会環境の実現に貢献します

*2 SDGs:2015 年に国連で採択された世界共通の持続可能な開発に関する 17 の目標

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 太陽光発電配線システムや監視システムを主体に再生エネルギーのリーディングカンパニーとして、長年にわたってクリーンなエネルギーを創出
  • 「平成29年度新エネルギー等の保安規制高度化事業」事業者に採択
  • 太陽光発電機器の発電量低下を予測するメンテナンス警報システム(MATAS/メタス)を開発し、発電機会ロスを最小化
  • 九州電力の太陽光発電出力制御システムの実用化に向けた、次世代双方向通信出力制御緊急実証事業者に認定
11 住み続けられるまちづくりを
  • 「快適清潔空間」を「省エネ自家消費」で実現する「丸ごと」ソリューションを提供し災害にも強く、住み続けられるまちづくりを目指しています。
  • 「自動ミスト加湿システム Tefnut®」は IoT-Finder®の監視機能により自動で快適湿度空間を提供します。
  • 5G をベースとした IoT 技術を拡大し、進化したまちづくりを目指しています。
13 気候変動に具体的な対策を
  • E&E(Energy & Ecology) 製品群では、省エネルギーを通じて、二酸化炭素排出削減に貢献
  • 当社の太陽光発電関連製品は、二酸化炭素の排出の削減を通じ、「気候変動に具体的な対策を」に貢献
16 平和と公正をを全ての人に
  • 人権尊重、個人の人格、個性の尊重、ハラスメントの防止、反社会的勢力 への対応、企業行動規範に基づく活動への取り組み
③ 環境方針の遂行による「地球環境保護と汚染の防止」に取り組む

オーナンバグループは、「限りなく美しい地球を未来につなぐ」をスローガンに各種電線、PVU(太陽光発電配線ユニット)、ハーネス製品及びその関連部品の生産を中心に事業活動を展開し、以下の方針に基づき環境管理を行ないます。

環境方針

1. 地球環境保護と汚染の予防
事業活動、製品に関する環境影響を常に認識し、技術的、経済的に可能な範囲で
環境目的・目標を定めて、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ると共に、
地球環境保護と汚染の予防に取り組む。
2. 環境関連法規制等の順守
当社は、環境関連法規制、顧客の要求事項及び当社が同意したその他の要求事項を順守するために
自主基準、業務手順を設け、順守評価を実施すると共に、環境管理システムの継続的改善に努める。
また、特に製品含有化学物質に関しては、顧客要求事項を順守し、より安全で高品質の製品を提供するために全社として取り組む。
3. 環境目的の設定と完遂

事業活動、製品に関する環境影響を考慮し以下の環境管理重点テーマに取り組む。

  1. 環境問題の改善に有益な新技術、新製品を提供するため、開発・設計段階からの
    製品アセスメントを推進する。
  2. 環境保護に関する知識向上と啓蒙を図るために環境活動の推進を行う。
  3. 地球温暖化防止のための省エネルギーを推進する。
  4. 資源の有効活用を図るため排出物の削減を推進する。

CSR 活動

ごみ減量優良建築物感謝状 受贈

環境事業センターが立入検査を実施した結果に基づき、大阪市環境局より、事業系廃棄物の減量推進および適正処理に優秀な実績をあげた証しとして、「ごみ減量優良標」・「ごみ減量優良建築物標章」・「感謝状」を贈呈頂きました。

これからも継続してごみ減量活動に取り組んで参ります。

【 ごみ減量優良標 】
【 ごみ減量優良標 】
【 ごみ減量優良建築物標章 】
【 ごみ減量優良建築物標章 】
【 感謝状 】
【 感謝状 】

ISO14001 取得状況

ISO14001 取得状況

国際規格 ISO14001 環境マネジメントシステム 認証取得

ISO14001 とは
組織(企業、各種団体など)の活動・製品およびサービスによって生じる環境への影響を持続的に改善するためのシステムを構 築し、そのシステムを継続的に改善していく PDCA サイクルを構築することが要求されている。
この中で、有害な環境影響(環境への負荷)の低減、有益な環境影響の増大、組織の経営改善および環境経営が期待されている。
ただし、環境パフォーマンスの評価に関する具体的な取決めはなく、組織は自主的にできる範囲で評価を行うことになる。
拠点 社名 取得日
国内 大阪府 オーナンバ株式会社 1999 年 12 月
オーナンバインターコネクトテクノロジー株式会社 1999 年 12 月
神奈川県 ユニオンマシナリ株式会社 2006 年 4 月
海外 メキシコ Arneses Y Conexiones, S.A.De.C.V. (ARCOSA) 1999 年 8 月
チェコ Czech Republic Onamba s.r.o. (CRO) 2005 年 1 月
ベトナム SD Vietnam Industrial Ltd. (SDV) 2006 年 11 月
Vietnam Onamba CO.,Ltd. (VTO) 2010 年 1 月
インドネシア PT. Onamba Indonesia (INO) 1999 年 10 月
中国 欧南芭電子配件 ( 昆山 ) 有限公司
Onamba Electronic Parts (Kunshan) Co., Ltd. (KSO) 2000 年 9 月
杭州阿斯麗電器有限公司
Hangzhou ASLE E.Co.Ltd. (HASL) 2001 年 4 月

弊社や製品情報、導入実績などについて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
TOP >