FAQ

採用全般・選考ステップについて

応募資格はありますか?学科や選考の重視はありますか?

2019年春に4年制大学卒業見込み、及び大学院修了見込みの方を対象としております。
営業職については学部・学科等は不問です。営業職の選考にあたっては学科や専攻よりも、ものごとに対する取り組み姿勢や人柄を重視しています。大学で学んできた内容以上に、どのように学んできたのかについて面接の中でお聞きします。
技術職は理系学部で学ばれた方を対象としております。技術職についても大学での研究テーマが業務で活かせるかどうかより、研究課題へのアプローチの仕方を通じて適性を判断しています。

エントリーの方法を教えて下さい。

エントリー、会社説明会参加予約ともにリクナビ又はマイナビからの登録をお願いいたします。
選考会については、こちらからメール又は電話で連絡致します。

セミナー(会社説明会)に参加できない場合、その後の選考にも参加できないのでしょうか?

セミナー(会社説明会)ではWebや紙面では伝えきれない情報を皆さんにお伝えしていきます。皆さんと会社(仕事)とのミスマッチを未然に防ぐ意味でも、会社説明会への参加は必須とさせて頂いております。
※詳しくは採用フローをご確認下さい。

来期の採用予定人数は何人ですか?

4名前後(文系2名、理系2名)を予定していますが、当社では人数確保の側面より人物重視の採用を行なっておりますので採用人数は目安であるとお考え下さい。

就職活動はいつ頃から始めれば良いのですか?

当社では3月に会社説明会をスタートし、その後随時説明会を開催する予定です。説明会以降の大まかな選考ステップは本サイト内の“採用フロー”をご覧ください。詳細な日程につきましては、会社説明会にてご案内する予定となっております。

勤務地限定の採用はありますか?

地域限定の採用は行っておりません。

新卒者を採用する上で成績は重視されるのでしょうか。

ある程度は考慮しますが、成績よりも選考を通じての人物を重視しています。

語学力(英語)は必要でしょうか?

特に英語を重視するわけではありませんが、当社にも海外拠点は多くあります。このようなフィールドでは当然英語は必要ですし、今後世界を相手に仕事を進めるには、ますます外国語によるコミュニケーションが必要になってきます。
つまり語学力があることは立派なセールスポイントになりますが、語学力だけで採用を判断することはありません。
また、弊社では社内で語学研修制度があり、週に1回英語の先生が来社し、授業を行っております。希望者は授業を無料で受けることができます。

日本の大学に留学している外国籍の留学生採用について教えて下さい。

留学生の方のための特別な採用制度はありません。日本国内での通常の新卒採用と同じ採用スケジュールとなります。

人事・教育制度について

配属(異動・転勤)について教えて下さい。また、最初の配属先はどのように決まりますか?

営業職・技術職とも、最初の勤務先は本社(大阪市)になります。
数年間は本社で仕事を覚えて頂きますが、将来的に国内・海外への転勤の可能性があります。
配属先につきましては、本人の希望・会社全体の事業戦略及び本人の適性等を考慮して決めることとなります。

海外への転勤について教えて下さい。

海外への転勤については、上記の配属についての質問をご覧下さい。
海外に在住する期間は人によりますが、3~5年間が多いです。

大学の研究分野とは違う分野の仕事がしたいのですが。

当社の中でも大学の研究内容と業務内容が同じ人はそう多くいるわけではありません。採用時の面接においては詳細な研究内容よりも、むしろ学生の皆さんの研究に対する取り組み姿勢や考え方・創造性などを中心に見ています。そのため違う分野であっても活躍できる仕事・活躍できる場ともにあります。

女性社員の方はどのくらい活躍されているのでしょうか?

営業職、技術職どちらにも、性差による業務の区別や評価方法の差はありません。従業員のうち女性の占める割合は約15%(2017年9月末現在)となっています。営業部門では4名が、技術部門では1名の女性社員が活躍しています。

福利厚生その他

休暇について教えてください。

年間休日は123日で、カレンダー通り、ほぼ土日祝が休日です。
また、勤続年数に応じて、年間最高20日間の有給休暇が与えられます。有給休暇をその年に全部使用しなかったときは、翌年度に繰り越すことができます。
当社には半日有休休暇制度があり、有給休暇を半日単位(午前か午後)で取得することができます。結婚休暇、出産休暇、忌引休暇などの特別休暇もあります。
他には有給休暇取得率向上のため、「計画有休制度」として、定められた期間内に決められた日数分の有休を自分の業務と相談しながら取得するという制度があります。

出産育児からの社会復帰・サポートについて教えて下さい。

基本的には育児休業前に配置されていた部署に戻ることになります。ただ、育児休業期間中に組織の変更があった場合や、業務量の変化によりその部署の人員が削減された場合など、その他の部署に配置換えすることはありえます。育児休業後も子供が1歳~小学校入学前までの間は勤務時間短縮等の措置を設けています。

社宅について教えて下さい。

社宅については転勤者のみが対象となり、寮はありません。
なお、一人暮らしの方を対象に住宅手当(月10,000円)を支給しています。

新入社員の離職率について教えてください。

過去3年間(2015年以降の新入社員)の離職率は0%です。