CSR環境

CSR環境

1. 基本的な考え方

当社は経営理念に基づく高い企業倫理のもと、意思決定や執行における適法性、妥当性を確保することの重要性 を認識し、事業の持続的発展を図ることを基本としております。

【意思決定や執行における適法性、妥当性を確保するためのコーポレートガバナンスの模式図】

意思決定や執行における適法性、妥当性を確保するためのコーポレートガバナンスの模式図

この方針のもと経営判断を迅速かつ機動的に実行し、事業拡大と企業競争力の強化、グループ全体の企業価値の 向上をサステナビリティ方針(*1)に基いて長期にわたって実現し、ステークホルダーの期待に応えていきたい と考えております。

*1 サステナビリティ方針

当社の経営理念の実践を通じて、持続的な企業価値の向上を目指す

1. 中長期ビジョンに基づき、事業を通じて社会的課題を解決する
2. 真のグローバル企業を目指し、公正かつ透明性の高い経営を実現する
3. 全てのステークホルダーとの対話を基に、強固な信頼関係を構築する

今日、企業は法令を遵守するだけにとどまらず、倫理に基づく社会的な良識を持って行動する事により、企業の社会的責任を果たしていかねばなりません。
当社の使命は、この様な社会の潮流のなかで、環境にやさしく、安全に配慮した製品、技術、サービスを開発、 提供し、より良い地球環境の実現に努め、社会の発展に寄与することであり、また公正かつ誠実な企業活動を行 うことにより社会から信頼される事であります。

2. オーナンバグループCSR活動

オーナンバグループではCSR(企業の社会的責任)の一環として、① 企業行動規範を通じた社会への貢献、
② 事業活動を通じたSDGsへの取組み、③ 環境方針の遂行による「地球環境保護と汚染の防止」に取り組んでいます。

① オーナンパグループの企業行動規範

    1. 1. 良質・安全なものづくり
    2. 2. 法令・規則の遵守
    3. 3. 人権尊重、個人の人格、個性の尊重
    4. 4. 公正な取引
    5. 5. 政治・行政・地域社会との関わり
    1. 6. 企業情報の適時適切な開示・管理
    2. 7. 環境保全
    3. 8. 反社会的勢力への対応
    4. 9. 国際社会への対応
    5. 10. ハラスメントの防止

② 事業活動を通じたSDGs(*2)への取組み

当社の得意分野で培った技術力で持続可能な社会環境の実現に貢献します

*2 SDGs:2015年に国連で採択された世界共通の持続可能な開発に関する17の目標

項目No. 当社の取組内容
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 太陽光発電配線システムや監視システムを主体に再生エネルギーのリーディングカンパニーとして、長年にわたってクリーンなエネルギーを創出
  • 「平成29年度新エネルギー等の保安規制高度化事業」事業者に採択
  • 太陽光発電機器の発電量低下を予測するメンテナンス警報システム(MATAS/メタス)を開発し、発電機会ロスを最小化
  • 九州電力の太陽光発電出力制御システムの実用化に向けた、次世代双方向通信出力制御緊急実証事業者に認定
住み続けられるまちづくりを
  • 「快適清潔空間」を「省エネ自家消費」で実現する「丸ごと」ソリューションを提供し災害にも強く、住み続けられるまちづくりを目指しています。
  • 「自動ミスト加湿システム Tefnut®」は IoT-Finder®の監視機能により自動で快適湿度空間を提供します。
  • 5GをベースとしたIoT技術を拡大し、進化したまちづくりを目指しています。
気候変動に具体的な対策を
  • E&E(Energy & Ecology)製品群では、省エネルギーを通じて、二酸化炭素排出削減に貢献
  • 当社の太陽光発電関連製品は、二酸化炭素の排出の削減を通じ、「気候変動に具体的な対策を」に貢献
平和と公正をすべての人に
  • 人権尊重、個人の人格、個性の尊重、ハラスメントの防止、反社会的勢力への対応、企業行動規範 に基づく活動への取り組み

③ 環境方針の遂行による「地球環境保護と汚染の防止」に取組む

環境方針骨子

1. 地球環境保護と汚染の予防
2. 環境関連法規制等の順守
3. 環境目的の設定と完遂

注:詳細につきましては「環境方針」をご覧下さい

CSR活動